西洋占星術を知っていますか?

占術(占う方法)にはたくさんの種類がありますが、その中でも特に知られているのは「タロット」「霊視・霊感」「西洋占星術」ではないでしょうか。
管理人はその3つの中で西洋占星術が好きでして。今回は西洋占星術について少し紹介しようかな~~と思います。どうぞ最後までお付き合いください!

西洋占星術とは

夜、空を見上げると無数の星が見えますよね。そんな星たち眺めたり繋げて星座をかたちづくっていると気づくことがあります。人々の運命や世の中で起こる物事と星や星座の動きは関わりがあるのではないか?と。その様な星や星座の動きと、世の中の出来事などを体系的にととのえ、関連付けたのが西洋占星術です。
さらにヨーロッパでは、その様な星・星座の動きの体型がより洗礼され、「科学」として重んじられる様になりました。これがいまにつづく、占星術の起源と言われています。

西洋占星術は実は身近にあった

雑誌や情報テレビ番組などでよく見かける「今日の運勢」や「今月の運勢」では必ずと言っていいほど西洋占星術が使用されているんです。詳しく言えば、西洋占星術の1種である「太陽占星術」なんですけど…
そこそこ当たる、という観点から現在でも人気のある占術として地位を確立したんですよね。

西洋占星術で占うと…

西洋占星術は振り分けると「星占い」のジャンルに属します。
生年月日、出生時間、出生地、主にこれら3つの要素から地球に生まれ習慣化された旨趣を図で作成し、運命を割り出すことが可能になります。また、鑑定結果から目的を達成するための方向性、その人特有の体質や性質、人生における環境の歩みやすさ、これらのヒントが明らかになるとされています。

ホロスコープ

西洋占星術に必要な道具である「ホロスコープ」はある特定時点の天の「チャート」を表した図で、生まれた月日によってその人を支配する宮があると考えて運勢を占うものです。12星座占いと言うとわかりやすいでしょうか?
占星術は奥の深い占術と言われており、ホロスコープを手に取って実践するには相当な時間を有するようです。もし西洋占星術師になりたいという方がいれば、まずは「エレメント」「12種類の星座」「10種類の太陽系の惑星」が持つ意味を覚え、それぞれ組み合わせるとどのような性格なのかを理解しておくことが必要だそうです。

最後に

最も身近な占い(「今日の運勢」「今月の運勢」「12星座占い」など)で西洋占星術が使われているなんて意外でしたね。西洋占星術は知れば知るほど奥が深くて、うまく説明できなくて申し訳ないですが少しでもわかっていただければ幸いです(>_<)